-企業理念-

企業理念

企業理念とは、企業や組織の存在意義について短くまとめたものです。
英語では “ Corporate Philosophy ” と表記されたりします。
揖斐川工業グループの企業理念は、

「自分と自分のまわりの人々の幸福(しあわせ)のために」という経営理念のもと、 「小さいながらも特徴あるキラリと光る存在」を目指して頑張っています。この願いをさらに強化実現するために 優秀で元気あふれるやる気満々の仲間を募ります。

- 自分と自分のまわりの人々の幸福(しあわせ)のために -  です。

「自分、自分の家族、社員、そして取引先すべての人々が幸せになるために頑張ろう!」
という願いを込めてこの企業理念を掲げています。

当社の企業理念の起源は、現名誉会長である井上孝二が合言葉のように言っていたもので、 「自分たちは自分たちの力で規則を守り、他人様に迷惑を掛けないように 精一杯仕事をすると、自然に成長発展していく要因が見つかる」 ということを表しています。
昭和34年(1959年)に創刊され、50年以上発刊を続けている社内報「いぶき」にも 表紙にこの企業理念が載っています。この言葉が社内報「いぶき」に初めて掲載されたのが、 昭和37年(1962年)6月号であり、当時の記事には井上孝二の言葉で、 「ただ我々は熱のこもった愛社精神と真面目な態度をもって努力を結集すべし!」 と残されています。

揖斐川工業グループの社員はこの企業理念を念頭に置き、日々努力を続けています!