N.K
2017年度入社
アグリ・バイオ部
N.K

これが今の私の仕事!

アグリ・バイオ部の種苗生産では、花と野菜の幼苗を作っています。
生産現場では、種を播くことから始め、発芽室で芽を吹かせ、苗を一定の大きさまで生育させた後、お客様の元へと出荷するという一連の流れを行っています。
苗と言う生き物を扱うため、その日の天気や、周りの環境、苗の状態を考えながら管理をしています。
自分がどれだけ苗の状態を把握しているかが結果に表れるため、日々よく観察をして臨機応変に対応しています。
生産は直接お客様に関わる機会が少ないですが、自分が作ったものの状態が会社の評価につながるため、植物に愛情をこめて業務に取り組んでいます。

この会社のここが好き 私がこの会社を選んだ理由

学生時に農学を専攻していたため将来農業に携われる職種を志望していました。
私には「日本の農業を活性化したい」という思いがあり、お客様が農家であるこの会社は魅力的でした。
農業資材を提供する会社はありますが、幼苗を農家に販売する会社はなかなかないため、どのように生産しているのか大変興味深かったです。
また説明会や選考の過程で、社員の方々が丁寧に教えてくださり、こんなに親切な方たちと一緒に働きたいと思いまいした。

先輩からのアドバイス 就職活動をする君たちへ

どんな状況でも焦らないことが大切だと思います。 私自身就職先が決まったのは周りに比べて遅かったです。
それでも焦らずに職種にこだわり続けて就職活動を進めてきました。
希望通りの職業に就けたため後悔はなく満足しています。
また、選考の過程でも焦りは禁物です。
焦るあまり面接で満足にアピールできなかったにならないように、事前に準備を行うことが大切です。
就職は自分の今後何十年を決めるものとなります。自分は何に興味があるのか、どういった職種が向いているのかを早いうちに知っておくといいと思います。