H.M
アグリ・バイオ部
H.M

これが今の私の仕事!

水稲苗に必要な育苗培土の営業

私は、農業部門のアグリ・バイオ部で水稲培土営業として働いています。
水稲培土とは、田んぼに植える稲を育苗するにあたり、重要な役割を担う土台であり、そういった商品を販売しています。
肥料など水稲育苗に関する知識や、あらゆることを予測して行動する力が必要であり、日々意識しながら働いています。
農業の専門的な知識が求められるのはもちろんですが、それ以外の世の中の状況や、他業界の事、趣味に関することなど非常に様々な知識があると物事が優位に進みます。
色々なことに興味を持ち、見分を深めつつ知識を蓄えることが大切になってきます。
また、営業としてお客様をはじめ様々な人と関わるため、非常にやりがいのある職業です。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

食を支える大切な仕事

日本人が古来より愛し、今なお主食として食べ続けられているお米、そのお米を生産するにあたっての初期育苗に私たちは携わっています。
水稲苗は天候や気温によって出来栄えが左右されます。
繁忙期には、常に気を張りながら管理しなければなりません。
そのため、お客様のところに訪問した際に「良い苗ができたよ。」とお声かけ頂いた時は、嬉しさもひとしおです。
また、収穫の時期になれば登熟した稲穂が日本の各地で見られます。
そんな光景を見ると、自分の仕事は食を支える大切な仕事だと再認識し、やりがいと誇りを感じます。
また私は水稲培土営業と言いつつも、少し花や野菜などの園芸営業にも携わっています。
水稲だけでなく、他の分野にも挑戦できる環境があることで新しい発見があり、多角的な視野で物事が見られるようになるのが自分の成長に繋がり楽しいです。

この会社のここが好き! 私がこの会社を選んだ理由

なんでも相談できる環境

私は大学時代、地元の滋賀県で働くことを第一に考えていました。
そんな中、大学内で開催された合同企業説明会で揖斐川工業に出会いました。
揖斐川工業は岐阜の大垣に本社を構える会社ですが、様々な事業を展開していて、会社説明会や工場見学で会社のことを知るにつれ興味を持ち、この会社で働きたいと思うようになりました。
揖斐川工業の好きなところは、なんでも相談できる上司の方や同僚がたくさんいることです。
自ら考え、相談を持ちかけた時には丁寧に対応してもらっています。
社内でのコミュニケーションも活発で、休日には一緒にスポーツを楽しんだり、旅行にも行きます。
新しいことを始めようとした時には、経験のある先輩が熱心に指導して下さり、練習にも付き合ってくれます。
私も入社してから始めたことがたくさんありますが、先輩のサポートのおかげもあって途中で挫折することなく続けています。

就職活動をする君たちへ 先輩からのアドバイス

いろんなことに興味を持とう!

就職活動をするということは、個人差はありますが様々な企業と出会うということです。
色々な業界があり、職種があり、会社の情報でも何を重視したらいいのかわからない人も多いと思います。
しかしそれは自分を客観的に見つめなおす大切な時間でもあります。
時間はかかっても良いので色々なことに興味を持ち、その中から本当に自分がやりたいことを探すようにすれば、より良い結果になると思います。
悔いの残らない就職活動となるよう全力を尽くしてください!